ヨーグルトとは、本当に身体にいいものなのか?

日本人の身体には、乳製品を吸収する仕組みが備わっていないものです。今もまだ「牛乳は身体にいいものだから」と、それを信じて飲んでいる人は多いもの。ですが、哺乳類を見渡してみると・・・大人になっても飲んでいるのは、動物の中では人間だけではありませんか?余計なことを省いて、シンプルに生きると思ったときに・・・やっぱり人間以外の動物の行動とは本当に興味深いものがあるでしょう。そして、健康であることを望んでいる人たちはたくさんいる中で、私たちができることとはどんなことなのか?と、いうのも・・・多くの人が「それは身体にいいから」と、大して調べることもなく、丸呑みしていることを嘆かざるを得ない。どうしてそうなるとか、自分で考えることだってできるものでしょう。何も考えないまま人の意見に左右されるとは、後で「それは健康にはいいものではなかった」なんてことがわかったのならば、どうしてそのままでいることができるのかなんだかとても不思議なものなのです。例えば今も神話のように言われているものの中には・・・「ヨーグルトは、健康にいい」なんてことでしょう。多くのメディアでそれを取り上げ、テレビでも大きく言葉にしているばかりに・・・毎日のように冷たくて重いそれを食べている人だっているでしょう。ただし、それは本当にそうなのでしょうか?と、いうのも・・・そもそもヨーグルトとは本当に消化するのが大変なものなのです。そして、いつでも冷蔵庫の中で眠っているので、とにかく冷たい。そして、液体でもないので重い。そんな消化しにくいものを消化するには、体内で強い消化酵素を出さなくてはいけなくなるものでしょう。特に女性は、それがなかなかできないもの。ヨーグルトが満足に消化されないために、私たちの身体にはずっと残ったままになってしまうものなのです。健康になりたいと思うのならば、とにかく身体を温めることを考えるようにしましょう。

太陽光発電 メリット 法人

太陽光発電 デメリット メリット